早漏の一番の原因は精神的なもの?

早漏に悩む男性 男性の性的な悩みで一番多いのは『早漏』です。
早漏には3つの定義があり、女性の膣内に挿入してから射精までの時間が1~2分程度の場合と、自分自身で射精コントロールができない場合、またそれらのことに対して悩んでいる場合に『早漏』と呼ばれます。
しかし、男性自身は性行為をした際に射精ができ、達成感もある為、特に困ることはありませんが、パートナーである女性がそれに対して不満があった場合にも早漏と言われることがあるでしょう。

早漏の原因には大きく分けて2つあります。
精神的なものが原因だと勘違いしている人がいますが、実は刺激になれていないことが原因であることが多いようです。
日本人男性の多くが包茎と呼ばれる陰茎部分が皮で覆われた状態であることが背景にあります。

包茎の種類と症状について

包茎には種類があり、仮性・真性・カントンの3種類に分かれていますが、日本人に多いのは仮性と言われています。
仮性包茎とは、平常時には皮に包まれているものの、勃起時には皮が剥ける状態のものを指し、性行為に問題がない為に特に対策もせずに過ごしている人が多いようです。
真性包茎は、平常時でも勃起時でも常に皮をかぶっている状態のこと言い、カントン包茎とは勃起時に皮が中途半端な位置で止まってしまい、締め付けてしまうものです。
真性とカントンに関しては、どちらも皮をしっかり剥くことができない為、清潔に保てないというデメリットがありますし、性行為自体にも問題が生じてしまう為、手術をする必要がある包茎と言えるでしょう。
包茎の人は、平常時の時から皮をかぶっているので、下着などで擦れる際の刺激も感じません。
常に下着などの摩擦などがあれば刺激に慣れることもできますが、それすらない為、ちょっとした刺激に対しても対応できないのが原因と考えられているのです。

プレッシャーからの心因性早漏

プレッシャー受ける男性 心因性のものが原因で早漏になっている場合のほとんどが緊張や興奮状態が高すぎることがあります。
特に女性との性行為に対して未熟である場合には、自分が意図していないタイミングで射精をしてしまうこともあるでしょう。
これは、経験を重ねるごとに改善されることが多いようです。
心因性の早漏の場合は、どれほどの興奮状態であるかが挿入時間と射精時間を左右している為、興奮しない相手では長持ちする傾向があります。
顔や身体が自分好みの女性と性行為をするとなると、感情が高ぶりますし、興奮状態は高くなるでしょう。
そのような相手との性行為ですと挿入時間は短くなってしまいます。
人によっては、目の前の女性を見るだけで射精してしまうこともあるようです。

心因性のものは自分の気持ちによって左右される部分がある為、興奮をキープしつつ、興奮しすぎない状態を保つことが対策としては必要でしょう。
中には心因性なものにプラスして刺激に慣れていないタイプの人もいますので、改善には時間がかかってしまうでしょう。
また、早漏の原因が肉体的なものなのか心因性によって起こっているものか見分けることができないという場合もありますが、簡単に言うと挿入前の段階で射精をしてしまう場合は心因性の影響が大きいと言えるようです。

早漏は自分自身で自覚していても、すぐに改善できることではありません。
また、女性から指摘されることでより心因性の早漏に拍車をかけてしまうこともあるのです。
その為、まずは自分がどのタイプの早漏なのかを理解して、対策をしていくことが大切です。
また、改善する為にはパートナーの協力があると良いとされています。

定期的に性行為を行いストレスをため込まない

信頼できるパートナーと定期的に性行為を行うことも対策としてはおすすめです。
定期的に性行為を行い、刺激に慣れても射精までの時間が変わらない場合には視認性のものである為、まずは緊張感や興奮状態を抑える対策が必要です。
早漏であることにストレスを感じてしまうと、性行為そのものを避けてしまうこともありますので、ストレスを抱え込まないようにすることも大切と言えるでしょう。

男性はストレスにとても弱く、ちょっとしたことでも悩みやすい傾向がありますので、まずは悩み過ぎないことも必要です。
ストレスを溜め込まない生活を送ることも早漏対策には欠かせません。
また、信頼のおけるパートナーを選ぶことも早漏を改善する為には有効です。

早漏対策にはどんな方法があるの?

早漏対策の方法には自分一人でできるものと、パートナーに協力をしてもらう方法、または薬などに頼る方法があります。
どの方法が自分に合っているのか考えていきましょう。

自分一人で改善できるスクイーズ法

肉体的な刺激に慣れていないことが原因の場合には、スクイーズ法という自慰方法がおすすめです。
これは、自分で気持ちの良いように陰茎を刺激し、射精感が高まった時に亀頭部分を抑えて射精を止めるという方法です。
射精しそうになったタイミングで手を放し、射精しないようにするだけの簡単な方法ではあるものの、早漏の人にとっては射精を我慢するというのはとても苦しいものであり、最初は失敗してしまうことも多いようです。
何度も射精を我慢してしまうと体に悪いのではないかと考える男性も多いですが、ずっと我慢する必要はありません。
射精感が強まった4回目にはしっかり射精してください。
それまでの3回は射精しそうになっても我慢します。
これで、射精したいという気持ちが高まったとしても自分でコントロールする力を身につけることができるでしょう。
射精しそうになったタイミングで亀頭を抑えるのですが、最初はどこを抑えれば良いのかわからないかもしれません。
しかし、何度も行っていくうちにどこを抑えれば射精が止まるかを学ぶこともできます。
自慰行為をする時にはこのスクイーズ法を使用して行ってみましょう。
この方法は肉体的に刺激に慣れていない人におすすめの方法です。

パートナーに協力してもらうセマンズ法

この方法は、心因性のものが原因の人におすすめの方法です。
パートナーである女性に刺激を与えてもらう方法の為、興奮状態を維持しながら射精を我慢することを身につけることができます。
心因性が原因の人にとっては、精神的なものが影響してしまう為、女性に慣れるという意味合いでも有効でしょう。
この方法をセマンズ法と言います。
セマンズ法は4段階の過程を踏み、徐々に慣れていく方法です。
まず、女性に手で刺激を与えてもらいましょう。
自分でするのとは違い、視覚的な興奮がある為、心因性が原因の人にとっては射精を我慢するのが難しい傾向がありますが、何度も繰り返していくことで興奮度合いが治まってくることがあります。
手でしてもらうことに慣れたら、次に口でしてもらいましょう。
手と口でも問題なく射精を我慢することができたら、次は女性上位の形で膣内に挿入します。
男性は動かずに女性に動いてもらうのがポイントです。
そして最後に正常位で行い、射精を我慢しつつ長持ちをさせることができれば改善したと考えることができます。
ただし、心因性が原因の早漏の場合は、パートナー以外の人と行った時には元に戻ってしまうこともありますので、女性との性行為に慣れることも必要です。

薬や注射などによって改善する方法

早漏防止薬として発売されているものがあります。
その中でもよく使用されているのがプリリジー(ダポキセチン)。
プリリジーは世界初の早漏治療薬です。
射精というのは、脳内のノルアドレナリンによってコントロールされているのですが、このノルアドレナリンが増加することによって起こります。
脳内の神経伝達物質の一つであるセロトニンは興奮する時に増加するドーパミンや緊張やストレスがかかった時に増加するノルアドレナリンを抑制する働きがあります。
セロトニンの脳内分泌量が減少してしまうと、このノルアドレナリンを抑制することが出来なくなってしまう為、自分でも意図していない射精が起こってしまうのです。

プリリジー(ダポキセチン)は、セロトニン阻害薬に区分される薬であり、脳内神経伝達物質セロトニンの再吸収を阻害し、セロトニンの濃度を高め、ノルアドレナリンの分泌を抑制することができます。
ノルアドレナリンの分泌を抑制できるので、過剰な興奮を抑えることができるようになります。

ダポキセチンを服用することで射精時間が最大で3~4倍ほど延長されるとも言われていますし、服用し続けることによってより延長されるとも言われているのです。
早い段階で改善したいのであれば、プリリジー(ダポキセチン)を服用する方法もあるということを知っておきましょう。

早漏対策は飲み薬がいい?

早漏対策について説明する医師 早漏対策として薬を使うことに抵抗がある人もいるようですが、効果があらわれるまでの時間が他の方法よりも早い為、早期に改善したい人には飲み薬はおすすめです。
また、勃起不全などで悩んでいる人の中には早漏で悩んでいる方が多い為、勃起不全改善薬と一緒に服用している人もいます。
どのような薬が有効なのかを説明していきましょう。

プリリジー(ダポキセチン)

プリリジーは世界初の早漏治療薬と言われています。
主成分はダポキセチンであり、セロトニンの分泌を促し、ノルアドレナリンの働きを抑制する作用があります。
分類としては抗うつ薬と同じSSRI系の薬です。
元々は抗うつ薬として使用されていたのですが、ダポキセチンを服用したうつ患者から射精時間が遅くなったという報告があり、現在では早漏防止薬として使用されるようになりました。

プリリジー(ダポキセチン)の作用

ダポキセチンには、脳の興奮を抑えてくれる作用がある為、個人差はあるものの射精時間が3~4倍の長さに延長されたと言われているのです。
最初に服用した時には1~2倍の延長でも、服用した期間が長くなることで徐々にその長さを延長することができるのが特徴です。

プリリジー(ダポキセチン)の副作用

早漏対策としてプリリジーはかなり優秀な薬ではあるものの、人によっては強い副作用が出ることもあります。
ダポキセチンのセロトニン促進やノルアドレナリンの抑制などの脳の神経系に影響を及ぼす薬には多いのですが、下痢、めまい、吐き気、痺れ、多汗、血圧低下などの副作用が出ることがあります。
プリリジーを服用したという人の中でも多いのが、下痢とめまいです。
ほとんど感じないという人もいるようですが、中には不調を訴える人もいる為、異常があった場合には服用をやめましょう。
抗うつ薬と似た働きをする薬の為、体に合わないことや副作用が強く出てしまうこともありますので、服用には注意が必要です。

プリリジー(ダポキセチン)の購入

プリリジーは、日本ではまだ認可されていない薬ですので、プリリジーを入手する為には海外から個人輸入をしなければいけません。
最近ではネット通販として販売されています。
1箱6錠入りで約1万2千円であり、海外から個人輸入するとなると送料が2千円程度かかってしまうので、1箱あたり1万4千円するという計算になるでしょう。
この価格を出してまでも服用する効果があるのかは人それぞれ異なりますが、早漏で悩んでいる人は一度チャレンジしてみても良いのかもしれません。
また、プリリジーに含まれる成分ダポキセチンを含む他の治療薬としてスーパーPフォースという薬があります。
こちらも早漏に効果があり、さらにED治療に効果のあるシルデナフィルという成分も含まれているため勃起効果も期待できます。
個人輸入する際、早漏をスーパーPフォースで改善するのも良いでしょう。

心因性早漏にはプリリジー(ダポキセチン)

そもそもセロトニンの分泌を促進させることでどのような効果があるのでしょうか。
セロトニンは別名幸せホルモンと呼ばれており、脳神経伝達物質の一つです。
その為、プリリジー(ダポキセチン)を使用してセロトニンの分泌を促進することで、不安を抑えたり、興奮度合いを抑えることが出来る為、心因性の早漏に効果的であることがわかっています。

薬以外の早漏対策も必要

早漏治療薬を使用して改善することもできますが、実際に価格が高いことや副作用を考えるとすぐに手を出すことができない人も多いでしょう。
その為、すぐにできるスクイーズ法やパートナーに協力をしてもらうセマンズ法などが有効とも言えます。
また、それ以外にも厚手のコンドームを装着するという方法も感度を下げることができますのでおすすめです。
コンドーム自体は薄さを極めていっている中、早漏予防として厚手のコンドームも製造されています。
購入するのが恥ずかしい人はネット通販を利用しましょう。
また、早漏であることにストレスを感じることは悪循環に陥りやすい為、努力をしながらもストレスは溜めないことが大切です。

男性器はストレスやちょっとした変化に敏感ですので、健康的な生活を送ることが一番大切です。
早漏であることにストレスを感じすぎてしまうと、勃起不全などの状態に陥ってしまう人もいますので注意してください。
早漏であることを悲観的に考えてストレスを溜めずに、一つのコミュニケーションとしてパートナーである女性と改善していきましょう。