早漏対策にはフェミニーナ軟膏が本当に効くの?

軟膏 男性であれば、パートナーの女性を満足させたい、男としての自信が欲しいという理由から早漏であることは避けたいという思いを抱くのはごく自然な事です。
早漏だと恥ずかしい、小馬鹿にされたら嫌だ、いつも自分が満足するばかりでパートナーに申し訳ないと悩む人も多いのです。
早漏対策の薬やトレーニング方法などはネット上に数えきれないほどの情報が溢れかえっていて、効果があるもの無いものなどの判断に困るぐらいです。

口コミ情報や体験談なども沢山散見されますが、製品を購入させる目的でリンクを張り付けられた偽情報も沢山あります。
不安を煽るような誇大広告などもあるので見てしまったらより不安感を抱いて何とかしなければと思うのは人間心理として当然です。
女性は案外性交渉そのものよりも自分を愛してくれている事を確認できる方が嬉しいので、早漏であること自体をあまり気にはしていませんし、男性器などにも好みやこだわりなども無い人が多いのです。
性的な悩みに関しては男女共にちょっとした言動が相手を大きく傷つける原因につながってしまう事を理解しているので、よほど大きく不満を抱かない限りは言う事も無いし、そもそも長すぎる方が辛いということもあります。
夜の営みも大事だけどそれ以上に普段の優しい気づかいや、手を繋いでくれたり優しく抱きしめてくれたりなどの軽いスキンシップで愛情が伝わるだけで嬉しいものです。

このような考え方を多く抱いているので、まずは早漏そのものを問題視してしまうよりも愛情表現の幅を広げていくのも大事です。
それでも悩んでしまうというのであれば、安易に噂話などに流されたりせずに、医療機関で受診して対策をとる方が確実で、自分もパートナーも変な副作用で困らせてしまう事も無く安心できます。

ネットの情報ではフェミニーナ軟膏やマキロンなどで早漏対策をしたら効果が出たという情報はよく見受けられますが、手に入りやすいからといって簡単に使用するのはおすすめできません。
医薬品にはちゃんとどのような症状の際に症状を緩和させたり治療をしていくために成分を考えて薬の分量を調整してあるので、本来とは違った使用方法をとるというのは予期せぬ副作用にあう恐れがありますので大変危険です。
あくまでも噂話は噂話、人によっては体質に違いが有るので必ずしも同じ効果が現れるとは限らない、そのように強く意識をもって、安易に危険な橋を渡らない様に注意する事が大事です。
自分だけでなく愛するパートナーを守るためにも。

フェミニーナ軟膏は早漏対策にならない?

フェミニーナ軟膏には早漏改善薬として使用されるリドスプレーに含まれるリドカインと呼ばれる成分が含まれています。
このリドカインという成分は、局所麻酔の成分で、リドスプレーの使用目的は単純に性器に塗ることによって感覚を麻痺させて射精までの時間を長く持たせる様にしているのです。

同じ成分が含まれているフェミニーナ軟膏でもいいのではと考えてしまうかもしれませんが、フェミニーナ軟膏に含まれるリドカインの成分は早漏改善に至るほどの分量が調合されていません。
誰でも効果が現れるという訳ではなく、効果があったと言ってる方は単純にリドカインの効果が出やすい体質であった、気持ちの問題で長持ちしたというだけです。
そもそもフェミニーナ軟膏は女性器ののかぶれやかゆみを抑えるための薬ですので、性行為による感覚を鈍らせるほどの効果を得る目的で作っていないので医学的な効果の実証という観点では効果は無いと断言されます。

それに、パートナーがリドカインに敏感に反応しやすい体質であれば、性行為の際にパートナーも感覚が鈍ってしまう事にもなりますので、いつもよりも満足いかない結果になるでしょう。
そもそも性器の入り口付近に塗る薬を性器の奥まで塗ることになります。
万が一パートナーに副作用が出てしまった際には婦人科の病院でどのような薬をどれぐらいどのように使用したかを細かく説明しなければいけません。
安易な気持ちで早漏対策に使った結果、病院で大恥をかかされることになります。