早漏防止にはスプレーが効く?その実態とは

スプレー 性交の際、早漏気味ですと女性を十分満足に喜ばせられないということから、男性側に精神的負担になってきます。
あるいは早漏であるために、女性から見ると自分だけ気持ち良くなって、などといった不満も出てきます。
そのような小さなプレッシャーが重なることで、将来的にEDなどの原因になりかねません。

早漏だからといって、そのままにしておくのではなくしっかりとした対策が必要です。
最初の内は、女性があまりに魅力的なので興奮しすぎてなどと言った言い訳も通じるかもしれません。
お付き合いしている女性に対しても、毎回早漏ですと言い訳もだんだん難しくなっていきます。
最近のコンドームでは、ゴム厚を厚くすることで早漏対策をしたものもありますが、抜本的な解決策にはなりません。
厚くなっても、陰茎への刺激はわずかにしか変化がないからです。
また、人によってはコンドームを2重に装着する人もいますが、これは非常に危険です。
コンドームを2重にすることで、ゴムとゴムが擦れたりし、その摩擦で破れることがあるからです。
これは、意外と知られておらず破れてからビックリする人もいるようです。

ED対策用の勃起改善薬を使用することも、一部では早漏対策と言われています。
しかし、勃起改善薬を早漏対策に使用しても、効く人と効かない人がいます。
人により効いたり効かなかったりと、確実性がなく確実な対策にはなりません。

また、お酒の力をかりる人もいますが、この方法は性交以前に勃起自体が出来なくなる可能性があります。
確かに、お酒に酔って性的刺激を抑えることはできますが、性的な興奮自体を抑えてしまい、勃起できなくなることもあります。

このように、いろいろな方法がありますが、どれも実用性を考えると不確実なものばかりです。
ひごろから、早漏の対策でオナニーの時に我慢するなどのことが推奨されていますが、一人でオナニーするのと、相手がある性交行為とは違うためやはりこれも対策としては、不完全です。
またオナニーに関しては、強く力を入れすぎることで起きる、膣内射精障害などの危険もあります。
これは陰茎への強い刺激がないと射精できなくなる障害です。
一般的には遅漏の部類にはいります。

このように、射精をコントロールするのは難しいことがわかります。
このような場合には、陰茎への刺激を少なくする必要があります。
神経事態を鈍感にする、リドスプレーなどが非常に有効です。
使用方法も陰茎へのスプレーなので簡単です。

リドスプレーは早漏スプレーで一番人気

リドスプレーは早漏スプレーのなかでは、一番人気です。
これは、ゴムやその他の方法によらない画期的な早漏対策方法です。

早漏を防止する方法としても、実に簡単です。
性交の前に、リドスプレーを陰茎にスプレーするだけで早漏防止になります。
リドスプレーを陰茎にスプレーするだけで、陰茎の神経の働きや感度を下げることができるため、性交の時に刺激を感じにくくなります。
性交による快楽を神経が受けにくくなることで、射精するまでに時間がかかるようになります。
自分自身で射精を我慢するのではなく、陰茎が快楽をある程度抑制してくれるために、自分の意思で射精をコントロールしやすくなります。
ですから、性交中に相手の女性の感じ方やどの程度感じているかを見ながら、お互い一緒にオーガズムを迎えることが可能になります。

性交は、お互いの快楽だけでなく、お互い同時に絶頂に達することで、より深い愛情が芽生えます。
このように、リドスプレーを使うことで早漏を防止し、お互いが共に感じあい絶頂に達することができるということが、一番人気の理由です。
今までのように、物理的に早漏を防止するのではなく、神経が快楽を伝達しにくくするという画期的な方法なので、より確実な早漏対策が実現可能なのです。